生薬のおはなし

㊲杏仁(キョウニン)

今回は、『杏仁(キョウニン)』についてお届けします。 『杏仁(キョウニン)』は、バラ科のあんずの種です。 『杏仁(キョウニン)』には、気管や皮下にたまった水を小便で排出します。 『杏仁(キョウニン)』には、35%の脂肪油が...
生薬のおはなし

㊱滑石(カッセキ)

今回は、『滑石(カッセキ)』についてお届けします。 『滑石(カッセキ)』は、加水ハロイサイト(鉱物の一種)のことです。 『滑石(カッセキ)』は、熱症を帯びている人の利水剤で、尿道の粘膜に炎症があったり、淋病などで出血しているとき...
生薬のおはなし

㉟葛根(カッコン)

今回は、『葛根(カッコン)』についてお届けします。 『葛根(カッコン)』は、マメ科のくずの塊根を乾燥したものです。 『葛根(カッコン)』は、秋の七草のクズの花の根です。クズのことを葛(カズラ)とも言います。また、大和の国栖(クズ...
生薬のおはなし

㉞石膏(セッコウ)

今回は、『石膏(セッコウ)』についてお届けします。 『石膏(セッコウ)』は、含水硫酸カルシウムの鉱石です。 『石膏(セッコウ)』は、白虎(ビャッコ )とも言われ、*中国の四神で西の守り神です。西は西日が当たり暑さのこもった方角な...
生薬のおはなし

㉝沢瀉(タクシャ)

今回は、『沢瀉(タクシャ)』についてお届けします。 『沢瀉(タクシャ)』は、オモダカ科のサジオモダカの周りの皮を除いた塊根です。 『沢瀉(タクシャ)』の沢(サワ)は水を意味し、瀉はそそぐという意味です。二つを合わせて水を流しだす...
生薬のおはなし

㉜桑白皮(ソウハヒ)

今回は、『桑白皮(ソウハクヒ)』についてお届けします。 『桑白皮(ソウハクヒ)』は、クワ科のカラグワのコルク層を除去した根の皮です。名前の通り、白い皮のものが良いです。 『桑白皮(ソウハクヒ)』は、肺の熱をとって、咳を鎮めます。...
生薬のおはなし

㉛人参(ニンジン)

今回は、『人参(ニンジン)』についてお届けします。 『人参(ニンジン)』は、ウコギ科のオタネニンジンの根を乾燥したものです。産地や加工方法の違いにより効能も異なってきます。直射日光に晒した(さらした)ものを『生晒人参(キボシニンジン)...
生薬のおはなし

㉚竜骨(リュウコツ)

今回は、『竜骨(リュウコツ)』についてお届けします。 『竜骨(リュウコツ)』は、古代の大型哺乳類(ゾウ、サイ、ウマ、シカ、ウシなど)の化石(長く地層に埋没した骨)です。 『竜骨(リュウコツ)』は、血行・ホルモン作用に関する興奮状...
生薬のおはなし

㉙天門冬(テンモンドウ)

今回は、『天門冬(テンモンドウ)』についてお届けします。 『天門冬(テンモンドウ)』は、ユリ科のクサスギカズラの塊状根を湯通しした後、外皮をとって、乾燥したものです。 『天門冬(テンモンドウ)』は、肺と腎に作用してかたい痰を作ら...
生薬のおはなし

㉘大棗(タイソウ)

今回は、『大棗(タイソウ)』についてお届けします。 『大棗(タイソウ)』は、クロウメモドキ科のサネブトナツメの成熟果実を乾燥したものです。 『大棗(タイソウ)』は、なるべく肉の厚いものほど良く、大きい棗であれば良いということで『...
タイトルとURLをコピーしました