kaitokudo

生薬のおはなし

57芍薬(シャクヤク)

今回は、『芍薬(シャクヤク)』についてお届けします。血に働く生薬 『芍薬(シャクヤク)』は、ボタン科のシャクヤクの根の外皮を除去して、乾燥したものです。 『芍薬(シャクヤク)』には、白芍と赤芍の2種類があります。白い花の芍薬の根...
生薬のおはなし

56当帰(トウキ)

今回は、『当帰(トウキ)』についてお届けします。血に働く生薬 『当帰(トウキ)』は、セリ科のトウキの根を乾燥したものです。 『当帰(トウキ)』は、ニコチン酸、ニコチン酸アミド、パントテン酸、葉酸、ビタミンB12,ビオチンなどのビ...
生薬のおはなし

55川芎(センキュウ)

今回は、『川芎(センキュウ)』についてお届けします。血に働く生薬 『川芎(センキュウ)』は、セリ科のセンキュウの根を乾燥したものです。 『川芎(センキュウ)』は、大脳に作用して鎮静の働きをします。頭痛を鎮める作用があります。 ...
生薬のおはなし

54紫根

今回は、『紫根(シコン)』についてお届けします。血に働く生薬 『紫根(シコン)』は、ムラサキ科のムラサキの根を乾燥したものです。 『紫根(シコン)』は、皮膚創面の新生や肉芽の発生を促します。『紫根(シコン)』を用いて作られる紫雲...
生薬のおはなし

53膠飴(コウイ)

今回は、『膠飴(コウイ)』についてお届けします。血に働く生薬 『膠飴(コウイ)』は、もち米粉・うるち米粉・小麦粉に麦芽を加えて加工精製したものです。 『膠飴(コウイ)』は、ジアスターゼなどの消化酵素が入った吸収の良い滋養剤です。...
生薬のおはなし

52麦門冬(バクモンドウ)

今回は、『麦門冬(バクモンドウ)』についてお届けします。水に働く生薬 『麦門冬(バクモンドウ)』は、ユリ科のジャノヒゲの塊根を乾燥したものです。 『麦門冬(バクモンドウ)』は、心臓が虚弱な方の脾胃の水を小便で出し、結果として咳と...
生薬のおはなし

51蒼朮(ソウジュツ)

今回は、『蒼朮(ソウジュツ)』についてお届けします。 『蒼朮(ソウジュツ)』は、キク科のホソバオケラの根茎を乾燥したものです。 『蒼朮(ソウジュツ)』は、精油が多く含まれています(3.5%~5.6%)。油分が多く、辛味の程度が強...
生薬のおはなし

㊿白朮(ビャクジュツ)

今回は、『白朮(ビャクジュツ)』についてお届けします。 『白朮(ビャクジュツ)』は、キク科のオオバナオケラの根茎を乾燥したものです。 『白朮(ビャクジュツ)』は、精油が1.5%含まれています。油分が少なく、辛味も少ない代わりに僅...
生薬のおはなし

㊾車前子(シャゼンシ)

今回は、『車前子(シャゼンシ)』についてお届けします。 『車前子(シャゼンシ)』は、オオバコ科のオオバコの成熟種子です。 『車前子(シャゼンシ)』は、よく道端の牛馬車の輪の跡のほとりに生える草という意味です。また、『車前子(シャ...
生薬のおはなし

㊽細辛(サイシン)

今回は、『細辛(サイシン)』についてお届けします。 『細辛(サイシン)』は、ウマノスズクサ科のウスバサイシンの根を付けた全草を乾燥したものです。 『細辛(サイシン)』は、咳・胆・胸痛など気管や胸部に滞った水毒を利尿と発散作用で排...
タイトルとURLをコピーしました