1 良い卵子と精子のための環境づくりを

卵子の成長過程は原始卵胞から3ヶ月で1段階、更に25日たって第2段階、20日とかけて第3段階に進みます。この第3段階から脳からのホルモンのFSH(包刺激ホルモン)に反応し始め、排卵期の成熟卵胞に育っていきます。

成熟卵胞からは成熟した卵子ができますが、未成熟な卵胞からは成熟した卵子はできません。成熟した卵子のみ受精まで進めます。

ホルモンの分泌に作用される前段階までが長い時間をかけて育つ訳です。ホルモン調節も大切ですが骨盤内の血流改善が最重要になります。やはり漢方薬での血流改善はとても役立ちます。

卵では精子はどうでしょうか?子宮や卵管には白血球が沢山存在し、精子は沢山死滅します。例え3億くらいの分量でも、受精する場所の卵管膨大部にたどり着けるのは100個以下になるとされています。精子の元気度がポイントです。この様に大変な状態をクリアして始めて妊娠に至ります。

元気な状態にする漢方薬もございます。もちろん一人ひとりの体質の違いによって漢方薬も変わってきます。また食事、睡眠はもちろん、生活の仕方も大切です。シャワーですませた方が浴槽に温まるだけで妊娠に至った例はよく有ります。

タイトルとURLをコピーしました