回徳堂薬局バナー

不妊 症例報告

1 多嚢胞性卵巣症候群、高プロラクチン血症

◎26歳女性

姉妹とも生理不順がありご結婚も近いので漢方薬での体質改善を始めました。
生理を周期は長めですが以前よりは改善されてきていました。
体格は筋肉質だがぽっちゃりタイプ。
ご結婚されてすぐに不妊専門病院を受診され、検査を開始しました。
検査結果は多のう胞性卵巣症候群でした。高プロラクチン血症と診断され血糖値は異常はなかったのでカバサ-ルの週1回服用(高プロラクチン血症に対しての改善薬)が始まりました。漢方薬もそれに伴い多のう胞性卵巣症候群に合う漢方薬2種類に切り替えました。
排卵もスムーズにしていると診断され、これも漢方薬を服用してきたお陰と話されていました。卵管の検査を進めている間、まずはタイミングで様子を見ることになりました。
3ヶ月目妊娠反応が陽性になりました。なんと双子!と判明しました。

つわりは少々有りましたが順調に過ごされています、後は出産まで待つばかりです。

ページの上へ