回徳堂薬局バナー

不妊 症例報告

10中枢性無排卵の方

中枢性の無排卵で生理も排卵もないがホルモン剤と漢方薬で無事に妊娠されました。

4ヶ月前からお薬で生理を起こしはじめました。浮腫みを手足、顔や下半身に強く出ます。早く妊娠したいので漢方薬でも体調を整えたいとご相談にいらっしゃいました。
注射での卵胞を育てる方法ですが主席卵胞がなかなか出来にくい様でした。
体が刺激に耐えかねるのか途中で出血してきて今回は中止になりました。内膜も育たない状態です。
卵巣の刺激を2ヶ月お休みする。
その間は漢方薬で身体づくりをしました。

3月 漢方薬は◎卵巣の働きを良くする
       ◎オケツの改善薬
       ◎FSHに対しての薬方  3種類の服用にしました。

 6月 今までになくホルモン値も良好なのでそのまま体外受精に移行
 7月 採卵:胚盤胞が4個出来る。
 8月 移植:着床が維持できる様にオケツの薬に変えて
      補剤を中心に漢方薬を変更
    妊娠判定は陰性だった。
 9月 生理を起こす。低温期は温経湯、解血仙(オケツの改善)と
    細胞の活性化の為にバイオリンク原液など。
10月 移植 移植後は補剤を中心に漢方薬の変更。
    妊娠判定陽性
その後 安胎薬に切り替える。

ページの上へ