回徳堂薬局バナー

受精篇

ヤマト君とタケル君たちの前方に白く光っているものがあります。
『ウォー、あれが卵子のユメちゃん!きれい!』
ユメちゃんに向かって皆が先を争っていきます。残っているものがユメちゃんの周囲を取り囲みます。卵子に引き寄せられるようにヤマト君とタケル君は協力して突進します。透明帯の膜が卵子を守っています。これを破って通過できるのは最初の精子だけです。精子は透明帯の受容体部位から入れるようにデザインされています。
『タケル君が一番乗りだ!』
ヤマト君はほんの少し先に行っているタケル君に叫びました。
『早く、頭をつけて自分の酵素で卵子の膜を溶かすんだ!』
とヤマト君が声を振り絞っています。タケル君が頭を入れた瞬間、途端にユメちゃんは膜の電荷を変えて封印してしまいました。競争相手のヤマト君と精子たちは振り落とされていきます。yamatotakeru15分も経たないうちに永久的な扉が閉まりました。こうやって24時間かけて受精は確立しました。そして、締め出されたヤマト君達はしばらく受精卵にまとわりついていますが、皆息絶えてしまうのです。

こうして結びついた受精卵は受精直後から倍分裂をしながら成長し、3~4日かけて子宮に到着します。同時に子宮内膜では血管を新しく作り、粘液を盛んに出して着床の準備を整えます。フカフカの子宮ベッドの上に6日目頃に着床します。そこからタケル君とユメちゃんは38週間じっくり成長していき出産を待ちます。

回徳堂薬局

  • 横浜市港北区綱島東2-1-5
  • お問合せ 045-543-3227
  • お問合せ 045-543-3227
  • 営業時間 AM9:30~PM7:00
  • 定休日 日曜/月曜/祝日

ページの上へ