回徳堂薬局バナー

旅立ち篇

これは受精において精子と卵子が出会うまでのストーリーです。
卵子に会うために1回約3億の精子が3日間の命を与えられ一斉にスタートします。大柄でおっとりしている精子ヤマト君と体は小さめだが機敏なタケル君もその中にいました。
彼らにはこれから、さまざまな関門が待ち受けています。それは良い精子の選別作業が行われているからです。排卵のタイミングがジャストタイミングでも精子ヤマト君とタケル君たちには致命的な落とし穴がつぎつぎと待っています。
まず、受精できる場所までは気の遠くなる長さです。それも女性の体内の動きとは逆方向に泳がねばならないのです。まさにサケが産卵のために川の上流にさかのぼる状態です。
精子は毎分2~3ミリのスピードから1cm程度のスピードで進みます。第一関門の膣は酸性が保たれています。精子にとっては最悪の環境です。精子は生まれ出るときにアルカリ性の洋服を着せられて出てきていますが最悪には変わりがないのです。
ヤマト君もタケル君も早く抜け出なくてはと必死で直進してスピードアップしています。周りを見るとスピードの遅いヤツや動いているが同じところばかりをぐるぐる回りながら動いているのもいます。
白血球に取り込まれ食べられてしまうとそこには死が待っています。二人ともそれらには目もくれずに子宮へと泳いでいきます。
ふと、振り返ると仲間の大半は死んでしまっています。もう、最初の数の1000分の1位の30万の数までに減少しています。『みんな僕たちの犠牲になってしまった。皆の分まで頑張ろう!』と励ましあいながらヤマト君とタケル君は子宮へと泳ぎ続けます。

回徳堂薬局

  • 横浜市港北区綱島東2-1-5
  • お問合せ 045-543-3227
  • お問合せ 045-543-3227
  • 営業時間 AM9:30~PM7:00
  • 定休日 日曜/月曜/祝日

ページの上へ