回徳堂薬局バナー

初めての方へ

回徳堂で初めてご相談される方へ

不妊のご相談は長い実績に基づき、自然妊娠ご希望の方だけでなく、通院中の方も多数ご来店頂いております。
頑固なニキビや湿疹などお肌のトラブル、不眠やウツ症状などの自律神経のお悩み、痔、腰痛、神経痛の痛み、なかなか治らないメマイ、その他慢性疾患など。
漢方のご相談はもちろんですが、何となく体調がはっきりしない、病院の検査では異常が見当たらないが体調が思わしくない方など、回徳堂ではお客様の自覚症状を大切に考えて漢方薬をお選びしています。
回徳堂薬局では問診やお顔の色、舌の状態などと合わせて糸練功(*下記注釈参照)でのチェックを基に漢方薬をご提案しています。お選びする漢方薬はよりお客様の体質に合ったものになります。是非ご相談をお待ち致しております。


* 糸練功(しれんこう)
東洋医学では臓腑の異常は常に体表に現れ、体表を診る事により臓腑の異常を捉えていきます。
舌の色や顔色とつや、髪の毛の状態、目、体型、声の大小や臭いなどです。同様な判断基準の一つとして糸練功があります。

つぼとつぼを結んだ線を経絡といいます。
例えば風邪の引き始めに頭痛、首筋がこる、背中がぞくぞくと寒気がする、のどが痛い等の症状がある時を考えてみます。この時は目の内側の『晴明(せいめい)』と言うつぼから出発して頭のてっぺんの『百会(ひゃくえ)』を通り首筋から背骨の両脇を通過し、ふくらはぎを通って足の小指の先の『至陰(しいん)』と言うつぼが最終点の「足の太陽膀胱経」というラインにそって症状が出てきます。有名な葛根湯などがこれにあたります。

他にも肺経、大腸経、胃経、脾経、心経、小腸経、腎経、心包経、三焦経、胆経、肝経とあります。病状により経絡の流れるラインは違います。
糸練功はこの経絡(気の流れ)の信号をとらえて薬方の選択の確認をして行きます。

ホームメニュー

回徳堂薬局

  • 横浜市港北区綱島東2-1-5
  • お問合せ 045-543-3227
  • お問合せ 045-543-3227
  • 営業時間 AM9:30~PM7:00
  • 定休日 日曜/月曜/祝日

ページの上へ